くすぐりフェチによる創作ブログ。ここに書くのは雑多なことばかり。『はじめに』に作品へのリンクがあります。
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--

23:08:17
うちのM子は皆おっぱいが小さい。


 さておき、久々に書きました。『こちょつき・春鞠』でございます。
お月見ネタ、だからこちょつき。ハルとマリ、だから春鞠(´-ω-)とっても分かり難いですね。何だっていい! こうでもしなくちゃ小説書かなかったんだ!!

 さて、冒頭の通り、うちのM子は皆おっぱいが小さい。故に、団子とおっぱいを掛けて以下略みたいな展開をこなせる子がいなかったのですよ(;;゜д゜)チクショウ
大きい子は皆名無しかSっ子(´-ω-) ちょっとキャラ作りのバランスも考えなきゃいけませんね。

 なら新しく作れよという意見は聞かない(∩゚д゚)アーアーメンドクサーイ


 ホントに暇つぶし並にサックリと書いた作品ではございますが、良かったらご覧くださいな(*・ω・)ノ

00:03:18
コリコリクリクリイズイズ

「ふぐぅっふふふふふ……!? こ、こんなのっ……! ぜんぜんへいきなんですからぁっ……ぁあっははははは……!!」

 東風谷早苗は、半刻前の自らを呪っていた。『くすぐりなんかで屈する訳が無い』、その発言が、今の耐えがたい責め苦を受ける原因になろうとは、まさか思いもしなかったのである。

「あら、胸の付け根が良いのかしら? ほぉら、こりこりこり、こちょこちょこちょこちょ……」
「あばら骨の辺りが弱いみたいだぜ? くりくりくりくりぃ、かりかりかりかりっ……」

「うぐぅぅっ!!? っ……くくくくく……!!? あぁぁっははははは……!!?」

 彼女たちは、早苗のお腹を思い思いに責め立てる。そして、涎を垂らして耐える彼女に残酷な宣告をするのだった。

「あら、早苗。これぐらいで終わるなんて思ってないわよね?」
「そうだぜ? 太ももや足の裏、腋の下まで……お楽しみはまだまだこれからなんだからな?」

「ひいぃぃっ!!? ぁあっ……!! やあぁぁっ……!!!?」

 彼女が、この耐えがたいくすぐり責めから解放されるのは、まだ当分先のようだ。

~・~・~・~

 おっぱいで思いついたのが彼女ですたΣ(ノд゜`) 別にそゆうキャラでは無かった気もしますが。
可愛いけど、頭の飾りをつけるのは些か面倒ではございます(´-ω-)=3

 そんな訳で描きました。東方、東風谷早苗でございます。
たまには恵さん以外も襲わなくちゃ悪いかなと(´ω`) 恵さんにじゃなくて、ご覧になってる皆様に。
 前回の恵さんのおっぱいの形がおかしかったので、そのリベンジ的なサムシング。そこそこのモノが出来上がったと思っております。
 次はアレかな(´-ω-) そろそろ眼の描き込みを増やして行かなくちゃいけない頃なのかな。ちょっとキラキラとしたおめめを練習して行きましょう。


 本日はこれにて(・ω・)ノシ ごきげんよう

01:38:21
実験体:恵

「ひぐぅぅぁああっはははははははははははは!! もういやぁぁあっははははははははははははは!!?」

 恵は、ただひたすらくすぐり犯され続けた。腋の下をカリカリと、わき腹をグニュグニュと、太ももをフニフニと、身体の至る所を思うがままにくすぐり姦され続けた。彼女の顔は涙と涎にまみれ、身体は汗だらけ、脚の間からは愛液が溢れ出ていた。
 彼女は、必死に拘束から逃れようとする。しかし彼女の抵抗は、ガチャガチャという空しい金属音を、暗く狭い部屋に響かせる事しか出来なかったのだった。

「あぁっははははは!! いっ、いつになったぁあっ!! おわるのぉおっほほほほほほ!!?」

 彼女は必死に訴え続ける。しかし、彼女のくすぐりは未だ暫く終わる事は無いだろう。たとえ終わったとしても、すぐにまた、彼女は全身をくすぐられ始めるのだ。

「いっ!!? またイク……ッ!! ――あぁぁぁあああぁぁぁああっはははははははははは!!!?」

 そう。恵は、くすぐられ続ける。


~・~・~・~

 格好の練習キャラだからな!!Σm9っ(゜д゜´)

 <いずの描く普通の女の子=いずの一番描き易い女の子> つまりはこうゆうことさ( ・´ー・`)イズゥ...
大丈夫、博士も見咲君もhshsしてる。きっとそう(´ー`)つーかこの4本の手は二人のでしょ?


 さて、そんな訳で練習として、とても簡単なコロンビアポーズで描いてみました。

 今回意識したのは、指の喰い込む様子だとか、あと体液。少しはエロく見えるようになったんじゃないかなって思います。


 まだまだ課題はたくさんありますね(;´ー`) ひとつひとつ良くして行こうと思います。
 恵さんを使ってな!!Σm9っ(゜д゜´)

02:58:38
恵くすぐり

そっこーで描いた。

うん、そこはかとなく満足(*-ω-)


~・~・~・~

恵「な、何でいつの間にか眠っていたと思ったら素っ裸で拘束されてるのよ!!?」ガーッ!

博士「説明御苦労、恵! さぁ、早速新作のテストだ!!」

恵「ひぃっ!? 何なのコレ!!? 手が浮いて……!!?」

博士「スイッチオン」ポチッ

恵「――いやあぁぁっははははははは!!? くしゅぐったぁあっはははははははは!!!」コチョコチョコチョコチョ

見咲「あわわ……、め、恵さん……」カァ

博士「ほら、見咲。折角だからよく見ておけ」

見咲「せ、『折角』じゃないですよぉ……」マッカッカ

恵「あぁぁっはははははは!! い、いつもよりくしゅぐったぃぃぃいっひひひひひひ!!?」カリカリッサワサワァ

博士「あぁ、君に飲ませた睡眠薬だが、アレは媚薬入りだ」シレッ

恵「あぁ゛ぁっはははははは!!? じ、じぬうぅぅっふふふふふふふあぁぁははははははは!!!!」コチョコチョコチョコチョコチョコチョコチョコチョ

~・~・~・~


みたいな?(´゜д゜)

23:38:55
 そんなふいんき
 自分程度のクオリティでも、ちゃんとどんなキャラか視覚化出来た方が良いかなと思って描いてます(´-ω-) 一応大体のキャラは描く予定です。

001 恵
クレナイキャラ録 001恵

主人公
・普通の顔、普通の体型、普通の普通。でもドM。
そんな描写故に人気無し
・初めてちゃんと外見を考えた。他二人と違って割と服装は色々。特徴が無いね。
・三人の中で一番激しいやも。笑う時は一番下品エロい。

002 見咲
クレナイキャラ録 002見咲


・とうとうアホ毛標準搭載、それといつの間にか執事服っぽいもので定着。
・執事? いいえ、メイドです。
・割と皆様からイラストを頂いている愛されキャラ。耳あて回は妙にコアな人気、そして作者の黒歴史。
・可愛い。この子なら掘られても良いや。

003 博士
クレナイキャラ録 003博士

ねぇ、名前は?
・クール&ビューティー、そしてドS。でもホントは優しいよ。
・一番人気(っぽい)、主人公じゃないよ。第四話で博士の人気がこいのぼり、結構意外。
博士の姉なるキャラを考えてた時期もありました……。



 ちゃんと可愛く格好良く描いてあげられないのは申し訳無いね(´-ω-)=3 こんな絵ではありますが、ちょっとでも皆様のイメージをどっこいしょ出来たら幸いでございます。
 これは一通り出来たら、纏めてPIXIVに上げようと思ってます。もう暫く掛かるね(;;´ー`) 気長にお待ち下さいな。

22:57:35
「誰?」と訊かれたら「博士だよ(震え声)」と答える絵

 は、博士だよ(震え声)

 白衣と言葉を取っ払ってしまうと、何て誰だか分からないキャラだろうか(´゜д゜) 誤って、Pixivでは異常な程デカいサイズで投稿してしまいましたが、普段描いてるのはB5の小さな落書き帳。顔が小さくなってしまって、自分ではこれ以上の描き込みが出来なくなってしまいました(´-ω-)=3 次はもっと大きく描かなきゃ


 それと落書いた
恵「博士、何やってんの……?」見咲「そこ、『菜の花畑』ですよ……」博士「……気分だ」
恵「博士、何やってんの……?」
見咲「そこ、『菜の花畑』ですよ……」
博士「……気分だ」

ホントに小学生の落書きの様な絵ですね。
一時間で描いた落書き(;;゜д゜)勘弁してくだせぇ



 突発的に描いた二枚は以上(´-ω-)あとパン焼いたよ。少し膨らみが足りなかったけど、サクサクして美味しかったよ。
 今後はアレですね。既存キャラのポートレイト的なサムシングを一度描いても良いかもしれない(;;´ー`) イメージをどっこいしょするために。


 眠気で文章ガタガタ、とりあえず終わるよ!
 今後ともお付き合い下さい。

23:36:19
描いた
イズ顔ハイパーピース

あぁん? タイトルに偽り有りだと?(´゜д゜)

よく見ろよ……。

……平和だろ?( ・´ー・`)イズゥ


 作業時間は二時間程、集中力のボーダーラインでございます(´-ω-) これ超えちゃうともーダメ。
そして、その時間内で終わせる事が出来るのが、肩から上までのみ。こんなことやってるからいつまで経っても身体が描けないんだよ!(;;;゜д゜)



 ところで、秋ですね。秋刀魚が美味しくなりますね。クレナイ書いてませんね。

 そんな季節の変わり目、気分は最悪でございます(´゜∀゜)アヒャ
これから半年忙しそうなのよ(´・ω・) ちょっと今まで程沢山は作品を作れなさそう。そんなサックリとしたお知らせ。

 それでも、合間を縫って絵の練習はします。小説は気が向いたらになってはしまいますが、少しずつ進めて行こうとも思っています。それとブログは、いつもの通り気が向いたら更新します。
 うん、あまり変わらない(´ー`) またいつも通り、今後もお付き合い下さいませ。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2012/09/01
19:41:41
 ちくちくと勉強しております(´-ω-) もし、勉強の楽しさを知るのがもっと早ければ、なんて不毛な事を考えたりしなくも無い('A' )この世にもしもボックスなんざ無ぇ。


 さて、そんな勉強の息抜きに、今までの振り返り。
私の処女作、クレナイ製作所物語、その第一話をPixivに投稿したのは2012年3月17日だそうで。今月で半年だそうですね(´-ω-) 実際、ブログを作ったのはも少し後だし、小説自体を書き始めたのはもちょい前なので、細かい日時なんかはどうでも良い感じ(゜∀゜ )

 そんな半年の振り返り、今までの作品の閲覧数と文字数を纏めて見ました。ざっくりとね(´・ω・)
半年の遍歴
 加えてない作品もあるし、Pixivで表示される文字数と、私の愛用ツールStoryEditorで表示される文字数は、いくらか違ったり。そこはほんとにざっくりとね(´・ω・)


25作品、閲覧数12万ぐらい、文字数19万ぐらい……(´-ω-)


 未だかつて、19万の文章など書いたことがあるだろうか(゜д゜;;;) 小中学校であれだけ苦しんでた作文用紙ってたった400字なんですよね……。ネバっこくなったなぁ……(遠い目)
 でも、正直自分がそんな沢山の文字を打った実感はありません(;´ー`) 5000字から10000字くらいのをちくちく書いてたら、いつのまにかそれだけの数になってたってだけです(´-ω-)

 大切なのは文字数じゃねぇ。エロSA☆
エロくなくてごめんねー



 そして、私なんぞの作品に12万回もお越し頂いてる皆様に、改めて感謝申し上げます。こんな作品ばかりで正直申し訳無ぇ
 今後は、小説に力を注ぐと共に、絵もちょくちょく頑張って、自分で挿絵とか入れられたら良いなぁとか思ったりしてます(*-ω-)やっぱ絵があると滾るよね。必要だと思ったものには努力するぜ(`・ω・´)

 そんな感じ。今後とも励んで参りますので、皆様どうぞご声援の程よろしくお願い申し上げます(´-ω-`)ペコリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。