くすぐりフェチによる創作ブログ。ここに書くのは雑多なことばかり。『はじめに』に作品へのリンクがあります。
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--

19:14:06
 題材が素晴らしいと、文章もノッて書けるもんですね。


 さて、DDD様制作『Dungeon of Tickling』の二次創作、『辛くて、苦しくて。甘くて、愛おしくて。』をアップ致しました。←この文章は、何度もコピペしてます。
 掲示板にアップしているのと同じものです。

 ショタおね、おへそ、足裏という、まさにDDDカラー一色に染めてみました。
 興が乗ってしまって、大分ハードです。これぞハード和姦ッ!(`゜д゜)

 原作と比べて、少しばかりキャラの性格が違う部分があると思います。
 キャラクターを捉える力など、まだまだ未熟な点は沢山ありますが、楽しんで頂けたら幸いです。


 以上、ラブラブ書けて満足ッ(`-ω-)=3 『辛くて、苦しくて。甘くて、愛おしくて。』、どうぞご覧ください。よろしくお願い致します。

2013/08/26
21:00:35
 とても簡潔な由来でした。
 本シリーズの登場キャラは、全員テンプレ的性能を有しております。


 さて、長らく更新が開いてしまいましたが、トンデモくすぐり小説『Skeltickle』を掲載致しました。
 エロ同人の定番シチュエーション、時姦に続いて、今回は透明人間です。
 このシリーズは、エロ同人にありがちシチュエーションで固めて行きたいですね(`-ω-)時止め、透明化。そっから先はネタがありませんので、保留です。

 お気楽にふざけて書こうと思ったのですが、どうしてもふざけ切れなかった感じ。いつもの、固くて臭い文章の雰囲気が出てしまっていますね。
 文章は中途半端、ストーリーはブン投げ、プレイの内容はそれなりのもの。そんな感想。
 欲を言えば、もっと透明人間の特権をフルに使いたかったです。何と言っても、透明人間の醍醐味は公衆の面前での羞恥アヘアヘプレイ。どうしても思い切り良く行かず、密室でのプレイにしてしまったのは、作者がひよったからです(´-ω-`)ゴメンネ


 夏、終わっちゃったね(遠い目) 祭り、終わっちゃったね(遠い目)

 ま、まぁ、そそそそそんなことはどうでも良いんですよよよ。
 まずは、段々ツカサがエロゲ化しつつあるジゴロっぷり、『Skeltickle』どうぞご覧ください。よろしくお願い申し上げます。

06:53:47
 だから、どんなに笑い声を上げたって、近所迷惑にはならないんです。
 そうゆうものなんです。そうゆうことにしてください、お願いします。


 さて、m/fハード和姦物語(にしたかった)、『サキュバスがドMで何が悪い!』を.jpに掲載致しました。

 サキュバスは、そんな感じの結界を張れる。描写もちゃんとしようかなと思ったのですが、『まぁ良いか』をして書いてません。プレイ前に勝手に張ってたということで。ご都合主義万歳。

 せっかくのドM、お相手はドSにしよう。そう考えたものの、どうしてもドSに成り切れなかった感じ(´-ω-) 責めの台詞が少なかったばかりに、どうしても優しい面ばかりが目立ってしまったかもしれません。
 個人的に、『ドS』と『態度が悪いだけ』は違います(´゜д゜`) iあるドSを頑張って表現していきたいですね。(もっとも、これも『嗜虐性癖』とは大分違うのですが)

 花火よりも、随分と文章をすっきりさせました。諸々の配分は、まだ試行錯誤中。今はもうちょっと多く文章を書いてみたいところです。


 次は花火書きます。スタミナ切れたらSS挟みます。
 まずは本日上げた作品。こうゆうキャラは結構お気に、『サキュバスがドMで何が悪い!』、ご覧下さい。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

18:59:48
 あとちょっとガンバー(´゜д゜)O☆RE


 (´゜д゜)ノシファミチキ下さい

 追記 まだちょっとガンバー
 (´゜д゜)ノシ(ファミチキください)


 

00:51:36
 でも書いちゃうのは、現実逃避なんです。

 次作、決まりました。
 Title:サキュバスがドMで何が悪い! (仮)

 何だか、今回のタイトルはラノベ調しか思い浮かばなかったです(´゜д゜)公開する時に、もう一度考えてみます。
 『えっ、くすぐり? バッチコーイ!』系サキュバスと青年のお話。
 自分は、結構そうゆう系統の女の子のが好きです。


 という訳で、書いた分の文を続きから。エロ直前まで。
 なお、この文章は後にいくらでも変わります。

 続きは、さすがに修羅場後。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。