くすぐりフェチによる創作ブログ。ここに書くのは雑多なことばかり。『はじめに』に作品へのリンクがあります。
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--

23:32:10
 だって、見せる為に書いてんだから(´ー`) 自己完結じゃないのよ。


 今日はちょっと一息。ぶたボット観てました。ロボ子かわいい。メカ子かわいい。おもしろい。

 こちょもん、もう半分は超えたよな? といった辺りの進歩状況。エッチなシーンもようやく佳境に入っています。長い文章を経て、自分の表現のレパートリーが少ないことを痛感。どうしても同じ様な言葉を使ってしまいます。まぁ、うん。良い経験だと思う(。・ω・)

 さて、タイトル。息抜き且つ提出課題。与えられた題材について原稿用紙三枚以上で語れるもんなら語ってみろよ! って言われたので語った。二回以上の推敲はしてないので、日本語がアレだけどまぁ良いよ(´-ω-)これ以上どうこうするブツじゃ無い。


 そんなブツは続きから。その前にコメント返信でございます。

Daria様

 ハァハァしながらも、その子の幸せ第一を考える。まさにハァハァっ娘の鑑ですねッッ!!!!!!!!!
 あのアニメを改めてググってみたら、本当に絵が綺麗(´ー`) 自分の小さい頃のものとは思えないです。まともに見て無かったのが悔やまれる。

 小説は、文字打つのが正直メンドくて大変Σ(ノ∀゜`) だけどやっぱお話作るのは楽しいです。
 あまり根詰め過ぎないで、自分が楽しくやれる範囲でやっていきますヾ(´ー`)ノ これからも、お互い楽しく頑張って行きましょう。

ハァハァっ娘の魅力について

 ハァハァっ娘とは、好きな人、或いは物事に対してハァハァと息を荒くして興奮してしまう女性のことを指す。本稿では、そのハァハァっ娘についていくつかの特徴を上げ、その魅力について述べた。

1.熱い視線
 ハァハァっ娘の一つの特徴が、有り余る熱意を帯びた視線である。ハァハァっ娘の眼は、食い入る様に眼を見開いたり、或いは溢れ出る妄想によって細められていたりなど、多岐に渡る。しかし、その全てに共通するのは熱い想いであり、彼女たちの一途な人間性が伺える。また、涙を浮かべていたりもする場合がある。可愛い。

2.上気した頬
 ハァハァっ娘の頬は、興奮の為に朱色に上気する。その表情は、まるで性的興奮を感じているかの様な表情になることも有り、見る者に扇情的な印象を強く与える。
 補足として、ハァハァっ娘は実際に性的興奮によってハァハァする事も度々ある。この場合、そのハァハァ顔に扇情的な印象を持つ事は当然のことである。しかし、それに限らない場合であっても、扇情的な雰囲気を感じさせることは非常に多い。つまりエロイ。

3.緩んだ口元
 ハァハァっ娘は、荒く息を吐く為に、その口元がだらしが無く緩んでいる場合が非常に多い。その際に、涎を垂らしているケースも度々見受けられる。それは所謂『トロ顔』に酷似した状態であり、可愛らしさと扇情さの両方の印象を強く与える。

 上記の1.2.3.と組み合わせた彼女たちの表情は、まるで性行為を行っているかの様な情欲的な雰囲気を醸し出しつつ、それと同時に物事に対する強い気迫を感じさせる。凄い、強い、エロイ、可愛い。

4.変な行動
 ハァハァっ娘は、度々一般には取り得ない行動をすることがある。例として、ブツブツと虚空に向かって呟き始めたり、手をワキワキと蠢かせたり、突然鼻血をぶちまけたりなど、上げればきりが無い。それらは、誰も気付かない様なほんの些細な行動から始まり、たちどころに周りにいる人々を絶句させる様なことも有る。小さな行動であれば可愛らしく、大きな行動であれば我々を楽しませる。彼女たちは一種の愛玩動物であり、またエンターテイナーでもあるのだ。
 更に、彼女たちの情熱が我々自身に向けられているとしたら、その行動は更にエスカレートする。何気ない会話で顔を赤くすることから始まり、ストーカー行為、ボディタッチ、果てには性行為、ハードプレイ。薄い本が厚くなるばかりである。
 勿論、度を過ぎた行動は、多くの人に迷惑を掛ける。彼女たちの行動の中には、明らかな犯罪行為が含まれている場合もある。しかしながら、それ程までに熱いアプローチを受けるというのは、男性であれば誰もが夢見る素晴らしいシチュエーションなのではないだろうか。ちなみに筆者は、一例として腰をクネクネさせて見悶えるのがエロくて可愛いと思う。


終わりに
 今回上げた特徴は、ハァハァっ娘の魅力のほんの一部分でしか無い。それを全て語るには、膨大な時間と作業が必要となるため、今回は涙を飲んでこの程度の文章で発表するに至る。
 読者諸君の内誰か一人だけであっても、ハァハァっ娘の魅力を見出し、彼女たちを愛する一人になって頂ければ幸いである。




 以上だッ!!( ・´ー・`)イズゥ...ッ!


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kurenaiworks.blog.fc2.com/tb.php/104-b800dba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。