くすぐりフェチによる創作ブログ。ここに書くのは雑多なことばかり。『はじめに』に作品へのリンクがあります。
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--

00:12:01
 もっと流行ったら、嬉しいですよね。


 さて、下記事の作品『くすぐりフェチ推進委員会のお話』を、.jpにも掲載致しました。
 リンク先は、その一番最初のお話です。


 SS深夜VIPに投稿するため、奇をてらったシチュエーションはなし。女の子同士がいちゃこらする、極めて普通の作品にしてみました。
 書いている内容も、拘束のこと、道具のこと、実際のプレイのこと。フェチなら常識と言わんばかりのものだけ。

 まぁ、女というキャラクタなり、そもそもの自分の書き方なりが、あまり普通とは言い難いのですが(;-´ω-)


 推進委員会というタイトル通り、もっとくすぐり好きな人が増えてくれれば嬉しいなと思って書いた一作。
 しかしながら、取っ付き難い自分の文章が出てしまったり、イマイチ魅力を伝えきれなかったり。そして、フェチの方々が読むにしては、ありきたりでつまらないシチュエーションばかりであったり。

 正直、悔いの残る作品となりました。
 自分は、推進委員会には入る資格がないようですね(´-д-)=3


 自分は、作品中で語った程、熱心にくすぐりを広めようと書いている訳ではありません。単に、趣味として小説を書いております。
 それでも、やっぱり仲間が増えれば嬉しいです。
 この作品に限っては、本気で、もっとくすぐりを広めることを第一の目標に書いて参りました。

 ひとまずは、様々なSSまとめサイトにまとめていただきました。私が依頼をせずとも、まとめる皆さまのお目に止まって次々と広がってゆくのは、とても嬉しく思います。
 この作品を読んだ方々が、ほんのちょっとだけでもくすぐりに興味を持ってくださることを願いながら。今後はまた、ブログでちまちま書いて参ります。


 そんな感じ、こんな感じ。
 自分の作品も、どんどん書いて行きましょう。

 『くすぐりフェチ推進委員会のお話』、生粋のフェチには物足りないのかもしれません。それでも、お楽しみいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kurenaiworks.blog.fc2.com/tb.php/222-4695fd37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。