くすぐりフェチによる創作ブログ。ここに書くのは雑多なことばかり。『はじめに』に作品へのリンクがあります。
2012/06/04
21:58:22
閲覧注意
title:閉ざされた部屋の中で
tag:R-18 くすぐり M/M 見咲 涙佳

え? どうして書いたのかって?
邪神の啓示だよっ!((((゜д゜;;;))))




見咲「……ん……んん……?」

涙佳「……ん? あれ…………?」

見咲「……目が覚めたら、知らない部屋に……、服も着替えて……?」

涙佳「……ここは、何処だ……?」

見咲「え?」
涙佳「ん?」


見咲
E.ワイシャツ
E.パンツスーツ
E.パンツ
E.ソックス

涙佳
E.Tシャツ
E.ジーンズ
E.パンツ
E.ソックス


涙佳「……えっと……あー……」

見咲「……こんにちは」ニコッ

涙佳「え、あぁ……。こ、こんにちは……」

見咲「僕、見咲と申します」

涙佳「あ、うん、ご丁寧にどうも……。それで、ここは一体……」

見咲「貴方のお名前は、何ですか?」

涙佳「え、僕?」

見咲「はい」ニコリ

涙佳「……涙佳」

見咲「るい、か……。涙佳さんですね。素敵なお名前です」ニパッ

涙佳「あ、うん。ありがと……」

涙佳(なにこの人調子狂う)


涙佳「……えっと、見咲さん。ここがどこだか分かる?」

見咲「すみません、気が付いたらここに居たものですから……」シュン

涙佳「僕と、同じか……」ハァ

見咲「ここは、一体どこでしょう……?」キョロキョロ

「「…………」」

涙佳「……じっとしてるのも辛いね。少し、情報を集めよう」

見咲「……そう、ですね」


涙佳「……と言っても、部屋にあるのは大きいベッドと机、それだけか……」ウーン

見咲「……扉は開きませんね、外側から鍵が掛かっているようです」ガチャガチャ

涙佳「……窓は、……ダメ、はめ殺しか。それに外は真っ暗で何も見えない……」

見咲「……ん? これは……」

涙佳「な、何か見つけたっ?」

見咲「机の上のメモ帳に、何か書かれてますね……。読みますね、『<見咲・涙佳>この部屋を出るための条件』」フムフム

涙佳「……何だか、意外と呆気なくて良かったね。ゲームとかじゃ、狭い部屋にいくつもギミックが仕掛けられてたりするのに」フー

見咲「……ぁ……」カァ/

涙佳「見咲さん、どうしたの? 早く続き読んでよ」


見咲「…………『<見咲・涙佳>この部屋を出るための条件:二人でくすぐり合い、まぐわえ』……」

涙佳「えっ」

見咲「///」

涙佳「えっ」


涙佳「ちょっ、ちょっと待ってよ!? 僕、男だよ!?」マッカッカ///

見咲「ぼ、僕だって男ですよ!?」マッカッカ///

涙佳「だから、二人共男だからダメなんだって! ……って女の子相手でも浮気だぁっ!?」ウガー

見咲「と、とにかくっ、もう一度部屋をくまなく調べてみましょう!」オロオロ

涙佳「そっ、そうだね、もしかしたら単なるダミーかも……!?」オロオロ

<十数分後>

涙佳「な……、何も無い……」ガクッ

見咲「…………」

涙佳「手掛かりは、本当にこの紙切れ一枚だけ……?」

見咲「……涙佳さん……」ジッ

涙佳「み、見咲さんだって嫌だよね!? そんな男同士でなんて……」

見咲「皆の所に、戻りたく無いですか……?」

涙佳「っ!?」

見咲「僕は、こんな所に居たくはありません。一刻も早く、愛する人達の元に戻りたい。そのためなら……」グッ

涙佳「あっ!? ちょ、見咲さんっ!!?」ドサッ

見咲「…………」ジッ

涙佳「い、イヤだよ!? そんな、僕男だよ!!?」

見咲「……涙佳さん、他に方法が考えられますか?」

涙佳「……そ、それは…………」オロ

見咲「…………」

涙佳「……わからない、なにも……」ウルッ

見咲「…………」

涙佳「…………」ジワッ


見咲「……すみません、意地悪するような言い方をしてしまって……」ギュッ

涙佳「……あ……」

見咲「涙佳さんが苦しくないよう、優しくすると約束します。……協力して頂けませんか?」ナデナデ

涙佳「……うん」コクン

見咲「それに……」

涙佳「……ん?」


見咲「涙佳さんとなら……、僕、良いですよ?」ニッコリ

涙佳「」マッカッカ///


涙佳「……見咲さんって、もしかしてホモ……?」カァ/

見咲「ふふっまさか、僕の愛する人達は二人とも女性ですよ?」

涙佳「二人……、……浮気?」

見咲「ふふふ、違いますよ。僕達は、三人で一つのカップルです。僕達は、三人揃って相思相愛なんです。誰一人欠けてはいけません。……だから、ここを出るんです」

涙佳「……良いね、そうゆうの……。……って、そんな事言っちゃ怒られるか……」

見咲「涙佳さんは、恋人、いらっしゃいますよね?」

涙佳「いるよ。…………本物の、サキュバスが……」

見咲「……サキュバスって、あの……?」

涙佳「………………そう、淫魔……」

見咲「へぇ、素敵だと思いますっ」

涙佳「……ホント?」

見咲「はいっ」ニパッ

涙佳「…………そ」


涙佳「……ありがと」ボソッ

見咲「え? 何か?」

涙佳「なんでもないっ……。浮気とか言って、ゴメン……」カァ/

見咲「気にしないで下さい。『良いね』と言って貰えて、本当に嬉しかったですよ?」ニコッ

涙佳「……そ」マッカ//

涙佳(見咲さんには、勝てる気がしないなぁ……)


見咲「…………」

涙佳「…………」イジイジ

見咲「…………」

涙佳「…………」ソワソワ

見咲(……さて、どうしましょう。やはり嫌なんでしょうか、涙佳さんは……)

涙佳「あ、あのっ……!」

見咲「あっ、はい……?」

涙佳「そっ、そろそろ始めない……!?」

見咲「ぁ……、良いんですか……?」パチクリ

涙佳「…………、ここから出るためなら、仕方ないよ。そ、それに……」


涙佳「……み、見咲さんだったら、…………他の男よりは、マシ……」マッカッカ///

見咲「ぁ……」カァ/

涙佳「……っ……」フットーチュー////

見咲「…………ふふっ」ギュッ

涙佳「ぁっ」

見咲「……優しく、しますからね…………」

涙佳「///」コクン

見咲(……ふふ、何だか、凄く嬉しいですね…………)

見咲「それじゃ……失礼しますね……」

涙佳「///」コクコク

見咲「…………」ソッ...

涙佳「///」ギュッ


省略されました・・・全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください。




いや、要望ありゃ書くけどさ……('A


コメント
わっふるわっふる

わかしら│URL│2012/06/04(Mon)23:04:54│ 編集
わっふるわっふる

あめじすと│URL│2012/06/05(Tue)18:37:15│ 編集
わっふるわっふる

ポポイ│URL│2012/06/05(Tue)21:53:14│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
閲覧注意title:閉ざされた部屋の中でtag:R-18 くすぐり M/M 見咲 涙佳え? どうして書いたのかって?邪神の啓示だよっ!((((゜д゜;;;))))

2012/06/08(金)07:00:29|まとめwoネタ速neo
トラックバックURL
→http://kurenaiworks.blog.fc2.com/tb.php/31-74f4408a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)